臨床検査技師の求人

MENU

臨床検査技師の求人

臨床検査技師とは、患者から採取した血液や尿を検査するなど、医師が診断で必要な科学的データーを収集する業務を担います。近年、医療の現場においては、チーム医療が主流化しています。医療行為が高度化することで、医師と医療技術者の分業が進んでおり、その役割が重要視されているのが臨床検査技師といえるでしょう。何故ならば、医師が患者の問診だけで病名を確定出来るのが60%、そこに身体所見を加えて病名が確定するものが70%、そして臨床検査を行うことで病名が確定するものが90%といわれています。従って、臨床検査技師の力によって病名が確定するのが、凡そ20%を占めることになるからです。この臨床検査技師は、重症患者が多く入院している病院であったり、突発的な症状で突然患者が外来に現れるような大きな病院には必要となります。現在、厚生労働省の調査では、入院患者100人当たりに臨床検査技師は約3人となっています。適正な臨床検査技師の数は、その病院が行う検査の種類と件数によって変わって来る為、入院患者だけでは一概に算出することは出来ません。但し、一般には入院患者100人当たり、5人の臨床検査技師が必要といわれており、まだまだ不足をしているのが実態です。例えば、入院患者1000人の大病院では、臨床技師は50人必要となりますが、実態は20人程度で回しています。特に、臨床検査技師が在籍していない病院などは、外部委託をしているのが通例になります。従って、臨床検査技師の不足感は否めず、求人広告も多くなっています。