臨床工学技士

MENU

臨床工学技士

医療の現場には医師や看護師以外にも、様々な職種の人が働いています。その中でも、進歩する精密医療機器の操作や点検をする工学機器の専門化が、臨床工学技士となります。この臨床工学技士は1988年に資格が制定されて、人工呼吸器や人口心肺装置などの救急医療と生命維持に関連した装置などを扱います。操作や点検の他にも、腎臓の人工透析装置や心臓のカテーテル検査機器などを、患者の身体に接続をしたり致します。近年では、医療工学機器の進歩が著しいことから、医師や看護師だけではその高度な機能を充分に発揮させることは出来ず、臨床工学技士の存在価値が高まっているといえます。そして、臨床工学技士の仕事は、直接患者の命を左右するものだけに、業務への遣り甲斐も大きく、高いモチベーションで職務にあたることが出来ます。また、臨床工学技士は国家資格だけでなく、様々な学会が独自に行っている認定制度も設けられています。例えば、透析技術認定士や呼吸療法認定士など、高度な専門性の高い業務が行えることを目的とした、種々の関連資格があります。このように、臨床工学技士には能力の向上を図れるステージが用意されていることで、高いモチベーションを持続することが出来るといえます。現在、全国で1万人以上の臨床工学技士が存在をしていますが、まだまだ不足状態にあるといわれています。その一方で、医療現場のコンピューター化が益々と進み、医療機器の高度化が予測されていることで、臨床工学技士のニーズも更に高まることになります。