医療ソーシャルワーカーの求人

MENU

医療ソーシャルワーカーの求人

病気や治療に時間が掛かる場合には、学校や仕事に関することであったり、入院や治療費などの金銭に関わることなど、様々な問題を抱えることになります。そのような時に、患者やその家族と一緒に考えて相談に乗る仕事が、医療ソーシャルワーカーと呼ばれるものになります。特に、近年では医療ミスなどのトラブルであったり、治療に対する不信感等などについての相談が、患者やその家族から多く寄せられています。こうした問題を放置しておくと、民事訴訟へと発展するケースもあることから、医療機関側も問題を未然に防ぐ、ソーシャルワーカーの業務に力を入れ始めています。因みに、医療訴訟は病院側にとっても、その対処に莫大な費用と労力が取られてしまいます。例え、裁判に勝訴をしたとしても、社会イメージは決して良いものではなく、百害あって一利なしといえるでしょう。また、医療訴訟を恐れるあまりに、現場では患者やその家族とのコミュニケーションが不足しがちになっていると、指摘する声も聞かれます。そこで、入院患者の多い病院等では、第三者の対場で患者やその家族の意見に耳を傾けられる窓口が、重要視されるようになっています。こうした医療ソーシャルワーカーには、患者の人権を尊重した上で、きちんと耳を傾けるコミュニケーション能力が重要となります。更に、医師や看護師、時には役所などとの調整役も担う必要もあり、チームワーク能力も求められることになります。こうして医療ソーシャルワーカーの知名度が向上することで、看護師を中心に医療ソーシャルワーカーを目指す人も増えています。