社会福祉主事の求人

MENU

社会福祉主事の求人

世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいる日本において、老人福祉の問題は全ての国民が直面をしている問題といえます。老人福祉の問題は単に面倒を見れば良いというものではなく、老人の生き方に関わってくるものです。特に、高齢化と共に少子化が進む日本では、自分の豊かな老後を考えた場合、今の老人に対してどのようなサービスを提供出来るかについて、常に考えて行かなければなりません。こうした社会背景の中で、戦後から社会福祉サービスの従事者として、中心的役割を担って来たのが社会福祉主事になります。但し、社会福祉主事は任用資格であることから、社会福祉士の資格が制定された以降は、その地位が低くなっています。それでも、社会福祉主事の制度が否定されているものではなく、社会福祉従事者の基礎的資格の要素を持っていることに代わりません。現在、社会福祉主事は、福祉事務所において相談・指導・援助などケースワーカーとしての勤務であったり、社会福祉施設の施設長や相談員として就労をしています。また、社会福祉主事の中には、生活相談員として介護や支援が必要な高齢者とその家族の相談業務を行ってもいます。近年、高齢化の影響から新しい福祉サービスの提供が課題とされており、社会福祉については地域としての対応が強く求められています。そして、障害が重い人でも地域の中で自立して生活が出来るように、そのシステム化が勧められています。こうした社会変遷の中で、中心的な役割を担う社会福祉主事の職務に、魅力を感じる人も増えています。