社会福祉士の求人

MENU

社会福祉士の求人

日本の少子高齢化が進む中で、医学や介護のように人を相手にしたヒューマンケアサービスの仕事が、重要になってくると言われています。その中で、社会福祉士の仕事は、特別養護老人ホームや重度身体障害者施設といった、入所型の社会福祉施設が中心でした。しかし、高齢化社会が進むことで、入所型から在宅型の福祉サービスへと移り変わってきています。また、介護だけでなく子育てにおいても、地域で支援をしていく新しい社会福祉へと転換してきています。その一方で、日本の社会福祉サービスの従事者としては、これまで有給の社会福祉主事が中心となり活動をしてきました。しかし、任用資格の社会福祉主事だけでは、高齢化から急速に変遷する社会福祉問題への対応が難しくなりました。そこで、社会福祉主事とは別に、国家資格制度として設けられたのが、社会福祉士になります。複雑化する社会福祉問題に対して、更に専門的な知識を求めたのが社会福祉士の位置付けとなります。現在、社会福祉サービスに関する相談や、介護サービスの必要性は増大の一途を辿っており、社会福祉士が求められている職域には、福祉事務所や社会福祉協議会、社会福祉施設などがあります。更に、民間の在宅ケアサービスであったり、福祉機器などの利用者からの相談や助言といったニーズも出てきています。特に、近年では、有料老人ホームの利用者に対する相談や助言業務が増加をしています。このように、社会福祉サービスを必要とする人が急増していることで、社会福祉士の医療求人も多くなっています。