ケアマネージャーの求人

MENU

ケアマネージャーの求人

医療保険がモデルとなり制定された介護保険制度ですが、そのサービスには大きな違いがあります。医療保険における医療サービスの開始と終了は、医師により決定がなされます。それに対して、介護のサービスは余りにも多用化をしていることから、サービスの開始決定が難しくなっています。そこで、客観的な基準に基づいて、介護サービスの実務を行うのがケアマネージャーと呼ばれる職種になります。実質的な要介護認定は、保険者となる市町村が行いますが、多くの場合、ケアマネージャーが利用者から相談を受けて、要介護認定申請を行います。そして、認定後はケアマネージャーがケアプランの作成であったり、介護保険の給付管理など、多種多様な業務に携わっていくことになります。こうしたケアマネージャーを目指す人は、医師や看護師、社会福祉士に介護福祉士、更には作業療法士や理学療法士に至るまで、医療や福祉の資格があり一定の業務経験を積んだ人になります。当然、超高齢化社会を迎えている日本では、ケアマネージャーに中心的な活躍が期待されています。高齢とともに障害や疾病に加えて、認知症のリスクも背負うことで、人の世話が無いと生きていけなくなります。現在、居宅介護支援事業所に介護老人福祉施設、介護老人保険施設など、ケアマネージャーの配置が義務付けられている施設が増えています。更に、グループホームなどの急増により、ケアマネージャーの需要はますます増加をしているといえます。