薬剤師の求人

MENU

薬剤師の求人

医薬分業により、病院の周辺や街中に調剤薬局が無数に見られるようになりました。こうした動きは、薬剤師の就業先としても大きな影響を与えることになります。同様に、駅前や郊外の幹線道路沿いに出店が相次いでいるドラッグストアも、薬剤師の就業先として大きなシェアを占めるようになっています。その他にも、薬剤通販の規制が緩和されることで、消費者からの質問に対応するコールセンターなどでも、薬剤師が求められるようになっています。このように薬剤師の求人が増加する一方で、薬剤師業界は従来から転職の多い職種といわれていました。薬剤師の約5割は転職を検討しており、約8割は転職の経験者になります。転職の理由は、仕事への評価が低いとする声が大きく、初任給こそ高いが昇給が少ないとする意見もあります。また、調剤薬局などでは、日常の業務に変化が見られず、モチベーションの維持も難しいといわれています。そもそも、調剤薬局の大半は、小規模な経営が多く、昇給だけでなく昇進にも期待出来ない面があります。また、ドラッグストアなどでは、24時間営業の店舗が増加するなど、勤務への不満が多くなります。現在、ドラッグストアへ転職を図る薬剤師が増える一方で離職をする人も多く、出入りが激しい職域になっています。このように、転職者が多い薬剤師の業界において、益々と活躍するフィールドが拡がることで、薬剤師不足が深刻化をしています。薬剤師を取り巻く転職市場が活況を呈することで、更に待遇の良い職場を求めて転職を繰り返すといった、悪循環が起きていることになります。