助産師の求人

MENU

助産師の求人

助産師とは、厚生労働大臣の免許を保有し、助産や妊婦・じょく婦、そして新生児の保健指導を行う女性と定義付けられています。この助産師は、江戸時代より産婆と呼ばれて来ましたが、1942年国民医療法の改定に伴い、助産婦と呼ばれるように改名されました。そして助産師は保険婦助産婦看護婦法により、看護婦のでも唯一開業することが認められている資格になります。従って、過去には医師のように助産院を設立して、地域の助産師として活躍をしていた時期もありましたが、急激な少子化や助産師の高齢化も進んだことで、助産院の廃業が続いています。特に、1950年代に入り施設分娩が提唱されたことで、多くの人が病院や産科医院で出産をするようになったことが大きく影響をしています。但し、近年になり産婦人科医師の激減や、差婦人科の廃科が相次いでいることから、助産師の存在に注目が集まり始めています。そこで、厚生労働省が先導役となり、助産師を活用出来るネットワークづくりを始めています。自然分娩の推進を図り、病変の無い安全な分娩は全て助産師に任せるように指導が始まっています。また、女性の出産に対する意識が変化をして来ており、助産師に求められる仕事も多用化をしてきている傾向が伺えます。これまでのお産に対する介助だけに留まるのではなく、思春期の女性に対する様々な問題であったり、その逆に更年期に苦しむ女性の問題などにも、援助を求められるようになっています。