臨床心理士の求人

MENU

臨床心理士の求人

大きな地震や台風などの自然災害であったり、少年犯罪や無差別テロのようなは社会事件など、多くの被害者の傍には、必ず臨床心理士の存在があります。これまでは余り知られていなかった臨床心理士の存在も、2011年3月に発生を致しました東日本大震災以降は、名前が良く聞かれるようになっています。特に、学校における生徒のカウンセラーとして、父兄や教育委員会等の要請からも、派遣されるケースが増えています。臨床心理士の活動が多くなることは、それだけ心に深い傷を追った人が増加していることにもなります。そして、マスコミ等で臨床心理士の活躍が報道されることで、その需要も増加の傾向が伺えます。主に、臨床心理士の求人としては、精神病院を筆頭とする各医療機関であったり、中高学校のスクールカウンセラーなどの教育機関、そして児童相談所や女性相談センターといった福祉施設等があります。また、近年のストレス社会では、メンタルヘルスに注力する企業が増えてきています。そこで、企業内の健康管理室などでも、需要が増加傾向にあります。その他にも、心理相談室であったり、家庭裁判所や警察内に設置された相談室、更には少年鑑別所等、その活躍の場所は多岐に渡っているのが特徴です。但し、臨床心理士の勤務形態は、常勤の割合が少なく本業を別に持つ臨床心理士が半数に上っています。非常勤の場合、収入の面では不安が残るものの、非常勤としての求人は常に多くの件数があります。