言語聴覚士の求人

MENU

言語聴覚士の求人

たくさんの医療職が働く医療の現場において、最近注目を浴びているのがリハビリスタッフと呼ばれる人たちです。そもそも医療の進展により、医師を補助するコ・メディカルの役割が大きくなってきており、特にリハビリに携わる専門職集団に注目が集まっています。その中でも、聞いたり話したり食べたりする機能に障害を持つ人に、専門的なケア療法を行う専門家が言語聴覚士となります。この言語聴覚士のモデルとして、良く例えられるのがヘレン・ケラー物語のアメリカン女性がいます。視力と聴覚を失ったヘレン・ケラーが家庭教師サリバン女史と出会って、人とのコミュニケーションが取れるようになったという実話です。なお、言語聴覚士が正式に資格化されたのは1999年と、まだまだ新しい職業になります。現在、言語聴覚士の就労先としては、医療機関のリハビリテーション科でのリハビリ指導であったり、耳鼻咽喉科で聴覚障害者への対応が主流です。また最近では、保健所や介護老人保健施設、更には在宅医療サービスへの求人も多くなっています。勤務スタイルは医療機関の診療機関に併せた勤務となりますが、患者との対面ワークが基本となることから、若干の残業も発生は致します。また、勤務時間外には積極的に学会やセミナーへ参加をして、情報収集やスキル向上を求められる職種でもあります。急速な高齢化社会と救命医療技術の進歩から、第三の医療としてリハビリテーションへの期待は膨らんでいます。そしてリハビリスタッフとしての言語聴覚士への期待は高まり、求人も増えて行くといえます。