理学療法士の求人

MENU

理学療法士の求人

理学療法士が行う療法とは、身体障害者が基本動作を行えるまで回復することを目的として、運動による物理的療法を指します。例えば、脳卒中で倒れた時に、早期に理学療法を開始したことで、回復も早く歩行が可能になったり致します。しかし、理学療法を取り入れなかったり、そのタイミングが遅れてしまったことが、寝たきりの状態になってしまうリスクもあります。従って、理学療法士が担う役目はとても重要でありますが、残念ながら日本における知名度は、まだまだ低いのが現状です。また、理学療法の定義から、これまでの治療対象は、障害者の機能回復や維持が主流でした。しかし最近では、障害者だけでなく、健康な者であったり、スポーツ選手にも対象が広がって来ています。これは、健康な者や、障害や疾病が予測される者に対して、健康の増進を目的とした運動であったり、スポーツ選手の障害予防策の指導なども行うものです。更に、高齢化社会を迎えている日本においては、理学療法士に対しての社会要請も大きく、身体運動機能を見立てるプロとして、活躍に期待が持たれています。特に、介護保険における理学療法士への期待が高まっており、こうした社会的ニーズに答える為にも、人材の育成が急務となっています。現在、大きな医療施設などでは、10名以上の理学療法士を抱えるところも増えていますが、1人しか常駐していない医療施設もまだまだ多いのが現実です。従って、全ての医療施設に、複数の理学療法士を配置することが望まれています。