診療放射線技師の求人

MENU

診療放射線技師の求人

医師が診療をする際の補助業務を担っている医療技術者中でも、X線写真を撮ったり、画像診断装置を操ったりする技師が、診療放射線技師と呼ばれる人です。因みに、人の身体に放射線を照射する仕事は、医師と歯科医師、そして診療放射線技師の3人にしか認められていない、独占業務になります。診療放射線技師が取り扱う放射線は、X線から粒子線に至るまで、時代の推移と供に様々な種類のものが登場をしています。また最近では、放射線の代わりに磁気や超音波を使用する業務も増えて来ています。特に、磁気共鳴画像診断装置(MRI)や、超音波診断装置、眼底写真撮影装置などの操作も加わって来ました。これまで臨床検査技師が取り扱っていた装置の中から、診療放射線技師も取り扱える装置が加わってきたことになります。近年では、がん患者の増加が騒がれており、日本人の3人に1人ががんで死亡する時代といわれています。こうしたがんの治療法として最も注目を浴びているのが、放射線治療になります。特に、先進医療として注目を浴びているのが、陽子線や重粒子線を使用した放射線治療法になります。こうした放射線治療は、診療放射線技師が医師と相談しながら、高エネルギーの放射線をがん患部に照射をすることになります。次世代のがん治療法として、期待を一身に受けている放射線治療を扱えるのは、診療放射線技師の重要な業務といえるでしょう。そして、診療放射線技師の役割に注目が集まることで、人材を求める募集も増えてくることになります。