長野県で看護師など医療の職場で働きたい

MENU

医療求人の一般的な現状

近年の深刻な少子高齢化問題は、医療業界やそこに従事する人々を直面しています。特に、2006年度の診療報酬改正により、10対1基準の看護体制がスタートをしたことで、看護師の求人が急激に増えることになりました。また、医薬分業の本格化によって、調剤薬局が急増、薬剤師の求人も大幅に増加を致しました。その他にも、医療機関を取り巻く環境も大きく変化をしており、病床数の削減や入院型治療から在宅医療への転換も進みつつあります。

 

特に、少子高齢化は国の医療財政基盤を揺るがす問題でもあり、診療報酬点数の減額などが、病院経営を決して安泰な状態といえなくしています。その影響から大病院の新しい設立は減少、地方の病院においては医師や看護師の不足から経営が難しくなる事態に陥っています。そのため看護師の派遣業者も増えてきています。

 

更には、日進月歩で発展をする医療技術によって、医療機器の高度化であったり、医療現場におけるコンピューターシステムの導入が、医師と医療技術士の分業化を促進しています。因みに、医療に携わる従事者は多種に及びます。病院で人の命を守る医師や看護師、その仕事をフォローする、臨床工学技士や理学療法士などの医療技術士が存在を致します。また、人の身体を助ける義肢装具士であったり、言語聴覚士といった職業もあります。

 

その他には、人をサポートする福祉の仕事に携わる、ケアマネージャーや介護福祉士の従事者であったり、人の心を癒したり精神の回復を助ける、臨床心理士なども重要な職業として注目を集めています。更には、子供の成長を助ける保健師であったり、ペットの命を見守る動物看護師、出産を助け助産婦なども挙げることが出来ます。このように、非常に多岐に渡る医療従事者ですが、近年の医療業界に纏わる様々な変遷が、医師を始めとする医療従事者全ての就労に影響を及ぼすことになっています。そして、高齢化が進む社会の中で、医療業界の多方面において医療従事者の不足が発生をしております。こうした背景から、医療従事者を求める声は大きくなり、転職活動を活発化させているといえます。

 

・ 医療機関に携わる人の求人
01-01 医療求人の情報サイト
01-02 求人情報サイト利用の流れ
01-03 看護師の求人
01-04 薬剤時の求人
01-05 医療事務の求人
01-06 医療ソーシャルワーカーの求人

 

 

・ 歯科に携わる人の求人
02-01 歯科医師の求人
02-02 歯科衛生士の求人
02-03 歯科技工士の求人

 

 

・ 医療技術士の求人
03-01 臨床工学技士の求人
03-02 臨床検査技師の求人
03-03 診療放射線技師の求人
03-04 作業療法士の求人
03-05 理学療法士の求人
03-06 言語聴覚士の求人
03-07 視能訓練士の求人
03-08 義肢装具士の求人

 

 

・ その他の医療従事者の求人
04-01 臨床心理士の求人
04-02 助産師の求人
04-03 保健師の求人
04-04 動物看護師の求人 http://www.cyber-catpal.com/
04-05 トリマーの求人 http://www.cyber-catpal.com/
04-06 栄養士の求人
04-07 はり・きゅう師の求人
04-08 あんまマッサージ指圧師の求人
04-09 柔道整復師の求人

 

 

・ 福祉に携わる人の求人
05-01 ケアマネージャーの求人
05-02 介護福祉士の求人
05-03 社会福祉士の求人
05-04 社会福祉主事の求人

医療求人の情報サイト

医療業界の求人情報を得るのであれば、インターネットを利用した求人情報サイトなどが便利です。医療サービスを専門に扱う求人情報サイトを、たくさん見つけることが出来るでしょう。また最近では、医療サービスの専門サイトだけでなく、医療事務の専門求人サイトであったり、医療介護の専門求人サイトや、医療機器の専門求人サイトなども登場をしています。また、希望する就業先や転職先が決まっているのならば、医療機関や企業が直接求人募集をするサイトで確認することも出来ます。このようなインターネット上の求人情報サイトを利用する最大のメリットは、便利な検索機能が使える点にあります。各求人情報サイトでは、他サイトとの差別化を図るべく、検索項目の詳細化であったり、検索機能の使い勝手の向上に努めています。例えば、検索項目であれば、大分類として職種・勤務地・雇用形態に初年度年収や従業員数などがあります。更に、職種による分類の中には、医師や看護師など20種類近く小分類されたサイトもあります。こうした検索機能の中で、注目すべきポイントが2点あります。1点目は、自分の気になるワードから検索が可能なキーワード検索機能の有無です。そして2点目は、サイト独自のこだわり検索項目です。このこだわり検査項目の内容が、他サイトとの差別化として力を入れている点になります。例えば、急募している求人情報であったり、産休・育休が取れる職場や転勤の無い職場などを検索出来る項目があります。

求人情報サイト利用の流れ

医療業界の求人情報を探すのであれば、インターネット上の医療専門求人情報サイトを利用することがお薦めです。何故ならば、医療業界と一口に言っても、その職域は多種に渡っており、更に他の業界と比較しても、求人情報が多い傾向があるからです。まずは、インターネット上の医療専門求人情報サイトにアクセスを行い、TOP 画面のデザイン等から、自分が見やすいと思うサイトを、いくつかピックアップ致します。この時、ポータブルサイトに、お気に入りの登録をしておくと便利でしょう。そして本人登録を行う前に、まずは検索機能を利用して、使い勝手を確認して見るのも有効です。その結果、気になる求人情報が見つかったり、コンサルタントの意見を聞きたいと思えば会員登録を行います。このような医療専門求人情報サイトの魅力は、なんといっても業界に精通をしたコンサルタントを、無料で利用を出来る点に他なりません。従って、会員登録を行ってコンサルタントに相談を行うことをお勧め致します。そしてコンサルタントから信頼を得ることで、非公開の求人情報を紹介してもらえる可能性もあります。実際には、優良な求人情報ほど非公開にされているケースが多いことから、コンサルタントとの信頼関係を築き上げるのが転職成功への道といえるでしょう。但し、コンサルタントも人間である以上、相性もあります。もしも相性が合わないと感じたのなら、他サイトのコンサルタントに切り替えるのも致し方ないことです。

看護師の求人

高齢化社会が進む日本では、看護師の職域が医療機関だけでなく、介護や福祉施設に及び始めたことで、慢性的な不足状態が続いています。更には、大手病院などから街中のクリニックモールへ転身を図る看護師も増加をしており、看護師を確保できない病院は経営の存続に関わる問題にまで陥っています。

 

但し、看護師不足がこれ程までに深刻化する背景には、看護師の職域の広がりだけでなく、その労働の過酷さから職業として敬遠する人が増加していることも理由にあります。看護師の勤務は夜勤専従の看護師がいるなど、残業時間の多さが他業界よりも多いことで有名です。

 

更に、患者の命を預かる重荷は、過去にはモチベーションに繋がっていましたが、現在ではプレッシャーに感じる人が多くなっています。これは、医療事故に対する裁判などが行われやすくなったことで、患者と医師との間に立つ看護師に圧し掛かるプレッシャーが、大きなストレスになっています。

 

こうした看護士を取り巻く過酷な職場環境から、うつ病を患う看護師が増加するなど、メンタルヘルスの問題も頻繁に取り沙汰されるようになっています。そこで最近では、男性看護師の増加であったり、東南アジアや新興国からの看護師輸入が始まっています。また、一度離職をした潜在看護士の掘り起こしを目的とした、復職支援セミナーが開かれるなど、再起を促す動きが活発化しています。そして、インターネットのサイト上では、たくさんの看護師専用求人情報サイトが立ち上がっており(例:)、看護師の争奪戦が繰り広げられているといえます。

転職を思うことは、将来を考えることでもある

 

結婚を考える相手がいること


私には付き合っている彼氏がいて、一緒に住もうかなんて話もしています。
お互いの両親にも顔合わせも済ませているので、近い将来結婚っていうこともあるかもしれません。
ですが、彼は中小企業に勤務していて、決してお給料がいいというわけではありません。
もし結婚して一緒に暮らすにせよ、共働きが前提です。
それならば、結婚しても勤務し続けられる病院がいいなって思うようになったのです。


きっかけは先輩看護師の決断


病院の先輩とは、よく食事に誘ってもらうので、いろいろ悩みを相談したりしていました。
その中の一人の先輩にもやはり結婚を前提にお付き合いされている人がいるようで、最近、夫婦共働きでも家庭に支障がないようなクリニックへの転職を決断されたそうです。
話によると、選んだ先は、看護師として働きながらも、家事や将来の育児など、家庭のこともできるような環境の職場のようです。
私も看護師として働き始めてもう6~7年。
そろそろ将来のことも考えながら仕事をした方がいいのかなって思うようになりました。


転職サイトのコーディネート力


今の病院は、ある程度大きくてサポート体制も整っていますし、キャリアアップを考えると好都合ではあります。
でも、自由度があって、もっと専門的なスキルを活かすとしたら先輩のようなクリニックもあるのかなと思いました。
迷っていると、先輩から、専門の転職サイトを紹介されました。
単純に病院やクリニックの求人を紹介しているだけのサイトかと思いきや、私のように将来を悩んでいる看護師の希望を総合的に判断してコーディネートしてくれるサイトでした。


ずっと望んでいた職場にも巡り会えそう


本当に頼りがいのあるコンサルタントさんがいて、自分で探してもちょっと見つからないような求人情報を見つけ出してくれました。
きっと以前の自分だったら諦めていたかもしれない好条件なものもありました。
もちろん、条件面でいいものを選べば、キャリアアップが望めない場合もあります。
私の場合は、まだ自分のスキルを磨きたい、活かしたいという願望もありましたので非常に悩みました。
そして、現実を知るよい機会にもなりました。


将来のことを考える、よい機会に


結局、今回の転職は踏みとどまりました。
それも、コンサルタントさんのひと言が背中を押したのです。
実際に結婚が見えて来たらその時にもう一度行動することにし、それまでは今の病院にいるメリットを活かしてスキルを磨いておくのです。
そのほうが、将来に絶対に活きると言われました。
転職はしませんでしたが、自分の仕事への取り組み方や考え方を変えることができたので良かったです。
今は次の目標に向かって邁進しようと思っています。
そして、「その時」が来たら、またこの転職サイトを頼りにするつもりです。

更新履歴